03-6908-4643 info@las2005.com
ライブラリー・アド・サービスは図書館に発信します

全国の公共・大学・短期大学・高等専門学校・高等学校・中学校・小学校の図書館に対して、出版情報・寄贈書籍の発送をお手伝いします。また36年間毎月発行し続ける『本を選ぶ』は多くの図書館関係者にご好評をいただいております。

ライブラリー・アド・サービスの事業

図書館への発送

全国の公共・大学・短期大学・高等専門学校・高等学校・中学校・小学校の図書館に対して、出版情報・寄贈書籍の発送をお手伝いします。

詳しくはこちらへ

『本を選ぶ』

全国の各種図書館や学校へ、選書情報を発信しています。月刊『本を選ぶ』のほか、それぞれ対象に応じて編集をした姉妹誌4誌を発行しています。

詳しくはこちらへ

最新情報/お知らせ

〈本を選ぶ〉435号アップしました。 (2021.08)

「本を選ぶ」435号は、鷹野祐子さんの連載第45回目で、手帳について。スケジュール管理などスマホの普及でデジタル管理一辺倒になりがちだが、「バレットジャーナル」を取りあげてアナログな手書きの優位性について語ります。続いて『文豪墓碑大事典』、そして『31㎝』の紹介。前者は著者が30年以上に亘り全国の文学者の墓所を自ら訪ね歩いて記録した集大成。後者は、ヘアドネーションという社会運動について詳しく紹介した好著。...

続きを読む

〈本を選ぶ〉434号アップしました。 (2021.07)

「本を選ぶ」434号は、為貞貞人さんの「鳥の目」85回目。今号では季節の渡り鳥について。ナイチンゲール、キタヤナギムシクイ、コアジサシも交えてとくにカッコウの渡りについて詳しくとりあげています。山下青葉さんは、10年の連載を経て完結した『夜明けの図書館』を、現場の図書館員の立場から紹介します。さらに勁草書房の「bibliotheca hermetica...

続きを読む

〈本を選ぶ〉433号アップしました。 (2021.06)

「本を選ぶ」433号は、吉植庄栄さんの連載「選書の法則:S.R.ランガナタンからの187のメッセージ」の16回目。第3法則に入ります。山下青葉さんは、戦後の公共図書館の歩みを批判的にとらえ直す1冊の本を紹介しながら、現場に立つ自らに自問します。神部京さんの不定期連載「彩り」は目が不自由ということについて数冊を取りあげて考えます。...

続きを読む

お問い合わせ

図書館や学校の図書室とあなたをつなぐお手伝いをいたします。お気軽にお問い合わせください。

本をめぐる風景をお楽しみください。