048-432-3726 info@las2005.com
ライブラリー・アド・サービスは図書館に発信します

全国の公共・大学・短期大学・高等専門学校・高等学校・中学校・小学校の図書館に対して、出版情報・寄贈書籍の発送をお手伝いします。また35年間毎月発行し続ける『本を選ぶ』は多くの図書館関係者にご好評をいただいております。

ライブラリー・アド・サービスの事業

図書館への発送

全国の公共・大学・短期大学・高等専門学校・高等学校・中学校・小学校の図書館に対して、出版情報・寄贈書籍の発送をお手伝いします。

詳しくはこちらへ

『本を選ぶ』

全国の各種図書館や学校へ、選書情報を発信しています。月刊『本を選ぶ』のほか、それぞれ対象に応じて編集をした姉妹誌4誌を発行しています。

詳しくはこちらへ

最新情報/お知らせ

<子どもの本を選ぶ>116号アップしました。(2020.11)

「子どもの本を選ぶ」116号は、並木せつ子さんの<みんな夢見る>。夢に出てきた絵本の話をきっかけに、怖い夢を見る絵本の話や、動物が夢を見るのか、など。原小枝さんは、親子二代で訳したマリオ・ラモの絵本がもつ常識や先入観を覆す魅力について紹介しています。...

続きを読む

〈本を選ぶ 高校図書館版〉70号アップしました (2020.11)

「本を選高校図書館版」70号は、巻頭で日本最南端の石垣市立図書館の久原道代さんが若い世代にもっと公立図書館にきてほしいと呼びかけます。続いて、熊木寛子さんがこの春に異動したばかりの高校の図書館で、コロナ禍における学校図書館のあり方について考えます。レポートは次号にも続きます。...

続きを読む

〈本を選ぶ〉426号アップしました。 (2020.11)

月刊「本を選ぶ」426号は、鷹野祐子さんの<司書の眼>第42回、医学分野の図書館での分類の悩みについて、そして蔓延するCOVID-19にまつわる「我慢」について語ります。石川敬史さんの<大学教員ノート>4回目のテーマは「下手に書きなさい」。学生たちに、この橋本義夫氏の言葉を通して伝えようとしたことを紹介します。そして有斐閣の四竈さんが、ずばり<なぜ「BLの教科書」が要るのか?>を語ります。...

続きを読む

お問い合わせ

図書館や学校の図書室とあなたをつなぐお手伝いをいたします。お気軽にお問い合わせください。

本をめぐる風景をお楽しみください。